審美歯科

ホワイトニング

歯の着色汚れを取るだけでなく、歯そのものを白くしたい。そんな方にお勧めなのがホワイトニングです。

当院内で実施するオフィスホワイトニングと、ご自宅でじっくりと白くしていくホームホワイトニングがありますが、当院ではより白さが長続きするホームホワイトニングをお勧めしており、さらに1年〜2年程度は効果が続くよう徹底的にホームホワイトニングをして頂くプランをご提案させて頂くようにしています。

白くするだけなら2週間〜3週間のホームホワイトニングで可能ですが、およそ1ヶ月半続けて頂くことで、色が安定し、長持ちするようになります。
また、歯がしみる心配がないよう、濃度の異なる4種類のホワイトニング薬液をご用意しています。これまで歯がしみるのが心配でホワイトニングできなかった方も、ぜひお気軽にご相談ください。

テトラサイクリンによる歯の黒ずみにも対応

病気を抱えていてテトラサイクリン系の抗生物質を飲まれている方や、幼少期に同様のお薬を飲まれていた方は、歯が黒ずんでしまい、ホワイトニングの効果も出にくい状態になっています。

そのため、歯を削って表面にラミネートベニアと呼ばれるセラミックの板を貼り付けてきれいな歯を実現する方も少なくありません。
しかし、歯を削ることはデメリットもあるため、当院ではホワイトニングによって気になる色を薄くして、歯の色合いを明るくするようにしています。

残念ながらきれいな白色にはなりませんが、ある程度目立たないように改善することは可能ですので、他院でホワイトニングを断られてしまった方は、一度ご相談にいらして頂ければと思います。

歯茎をきれいにすれば、口元はもっと美しくなる

せっかくホワイトニングで歯が白くなっても、歯茎が黒ずんでいては台無しです。

歯茎の古い組織を着色成分と一緒に剥がすことで、きれいなピンク色の歯茎にすることができます。
ホワイトニングをされた方の他にも、セラミックを入れた方や、タバコを辞めた方にもお勧めです。

白い詰め物・被せ物

虫歯治療などで歯を削ったときは、様々な素材で作られた詰め物や被せ物を入れることになります。
当院では、隙間から虫歯菌が入り込んで再発するリスクをできるだけ抑えるために、マイクロスコープを使って精密な処置を行っております。虫歯治療を受けられる方はもちろん、既に入っている銀歯を白いものに取り替えたい方も、お気軽にご相談ください。

治療の種類

歯を削った際には、白いペースト状のものを詰めて固めるダイレクトコンポジットレジン、薄い板状のものを前歯に貼り付けるラミネートベニア、そして被せ物オールセラミッククラウンがあります。どの方法を適用するかは、治療箇所や削った歯の量などによって異なりますので、事前にきちんと説明させて頂き、患者さまに納得頂いた上で治療を進めていくようにしています。

オールセラミックスの素材

当院では、金属アレルギーや歯茎の黒ずみを防ぐために、できるだけメタルフリーの素材をお勧めするようにしています。オールセラミッククラウンで使用する素材には「e.max」と「ジルコニア」があり、噛み合わせによる負荷の大きさや使用する場所によって適した方をご提案させて頂きます。e.maxの方がきれいな色合いと透明感がある一方で、ジルコニアの方が耐久性は高いという特徴があります。

inq_tel.png

一般歯科・予防歯科審美歯科インプラント日本歯内療法学会公益社団法人日本口腔インプラント学会特定非営利活動法人日本歯科保存学会一般社団法人日本歯科審美学会特定非営利活動法人日本顎咬合学会日本顕微鏡歯科学会大阪SJCD