一般歯科・予防歯科

ミニマルインターベンションの考え方を取り入れ、患者さまの歯をできるだけ残す治療を行います

歯科治療に使用する詰め物や被せ物には、様々な優れた素材が開発されてきていますが、やはり患者さまご自身の歯に敵うものはありません。歯は削れば削るほど寿命が短くなっていってしまうため、できるだけ削る量を最小限に抑えることが重要です。

当院では最小限の侵襲で治療を行う「ミニマルインターベンション(MI)」と呼ばれる考え方を取り入れており、必要に応じてマイクロスコープも使いながら丁寧に処置を進めていくようにしています。

マイクロスコープを使った精度の高い治療

マイクロスコープを使うと、肉眼では見ることのできないくらい小さな違いも確認することができるため、歯を削るときや、歯の根元の治療をするとき、そして詰め物や被せ物をするときの治療精度が向上します。その結果、再発率が減り、健康な歯を維持できる可能性が高まるというメリットがあります。なお、当院では、保険診療/自由診療に関わらず、より良い治療を実現するために必要に応じて使用しています。

痛みを抑える様々な工夫

虫歯があるが、痛い治療は受けたくない。そんな方も多いと思います。当院では、まず歯茎に表面麻酔を塗り歯茎を麻痺させてから、麻酔を打つようにしています。さらに、麻酔を打つときは場所によって組織の柔らかさが異なるため、それぞれの状態に合わせて痛みの少ない適切な圧力で麻酔液を注入するよう調整しています。さらに、当院は完全予約制で一人ひとりの患者さまに十分な時間をお取りしていますので、麻酔が効くまで十分に時間を取ったり、丁寧に処置を行ったりすることで、さらに痛みが出にくい治療を実現しています。

定期的なクリーニングで、虫歯・歯周病を防ぎましょう

虫歯や歯周病にならないようにするためには、普段から予防をしっかりと行っておくことが重要ですが、ご自宅の歯磨きだけではどうしても取りきれない汚れがあります。

そのため、当院では患者さまのお口の状態に合わせて、3ヶ月〜6ヶ月ごとにクリーニングにお越し頂くことをお勧めしています。美容室で定期的に髪の毛のお手入れをするのと同じように、少なくとも3ヶ月〜6ヶ月に1回は、お口の中もメンテナンスをするようにしましょう。

クリーニングを受けることで、歯石や歯垢などの汚れを除去できるのはもちろん、着色汚れが取れて見た目もきれいになりますし、お口の中が清潔で気持ち良い状態になります。

ケン歯科クリニックの予防歯科の特徴

担当の歯科衛生士がクリーニングさせて頂きます。

お口の中のクリーニングは、原則、担当の歯科衛生士が行うようにしています。毎回同じ衛生士が診させて頂くことで、コミュニケーションが取りやすくなり、小さな変化にも気付きやすくなるというメリットがあります。

リコール連絡をしています。

ご希望に応じて、ハガキもしくはお電話でのリコール連絡をさせて頂いておりますので、歯のクリーニングを受けることを忘れてしまう心配はありません。

時間をかけて丁寧にお掃除していきます。

当院は完全予約制となっており、クリーニングは30分〜60分、しっかりと時間をかけて丁寧にお掃除させて頂きます。

エアフローも必要に応じて使用します。

タバコのヤニなど、着色汚れが酷い方には、小さな塩の粒を噴射することのできるエアフローも使用します。

歯磨き指導もしています。

患者さまに口腔内写真をご覧頂きながら、どこに磨き残しがあるのか、どのように磨くのが良いのかを説明させて頂くようにしています。また、ご希望があれば磨き残しを染め出す液を使ったチェックも実施しております。

定期的なクリーニングをせずに長い間放置しておくと、歯石がたくさんついて歯茎は腫れてしまうため、患者さまの身体の負担も大きくなっていってしまいます。ぜひ定期的にクリーニングを続けていき、痛みなく健康な歯を維持できるようにしましょう。歯科医師の治療は受けず、歯科衛生士の予防処置だけを受けている状態が理想的です。

inq_tel.png

一般歯科・予防歯科審美歯科インプラント日本歯内療法学会公益社団法人日本口腔インプラント学会特定非営利活動法人日本歯科保存学会一般社団法人日本歯科審美学会特定非営利活動法人日本顎咬合学会日本顕微鏡歯科学会大阪SJCD