インプラント

インプラントとは?

インプラントは、歯が抜けてしまったときの治療法の一つで、歯を支えていた骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。

治療法は確立されており、様々なメリットがありますが、場合によっては入れ歯やブリッジといった他の選択肢の方が良いこともあります。

当院では、メリットもデメリットも説明させて頂き、患者さまが納得された場合にインプラント治療を行うようにしています。

インプラントのメリット/デメリット

メリット

インプラントのメリットとしては、しっかりと噛めるようになることや審美性に優れていることが挙げられます。そして、骨で支えるため、残っている歯に負担をかけることがありません。

デメリット

インプラントを受けて頂く際は、しっかりとデメリットも把握して頂くことが重要です。当院では、特に将来のお口の中の状態を見越した上で、患者さまにデメリットもきちんとお話させて頂いております。

1本目が重要

インプラント治療をするということは、歯を失ってしまったということです。つまり、外傷の場合を除けば、虫歯・歯周病・噛み合わせなどに問題があるということですので、そのままの1本だけインプラントを入れても、2本目3本目もまた抜けてしまう可能性が高いでしょう。当院では、このように将来インプラントをする可能性が高い歯のことを「インプラント予備軍」と呼んでいます。

インプラント予備軍が実際に抜けてしまったときに、再度インプラントを入れるとなると、経済的な負担も身体的な負担もどんどん膨らんでいってしまいます。1本目はインプラントにして、2本目は入れ歯にするということは基本的にはありません。そのため、現在の年齢や他の残っている歯の状態まで考えて、本当にインプラントを選択するのかどうかを考えて頂く必要があるのです。

また、もちろん歯磨きや噛み合わせの改善もしっかりと行わなければ、インプラントを入れてもその効果は長持ちしないでしょう。当院では、こういった「そもそも歯が抜けてしまった原因」をしっかりと解消してから、インプラント治療を行うようにしています。

当院のインプラント治療の特徴

デメリットをしっかりと説明します。

インプラントのメリットは多くの方に知られるようになってきましたが、デメリットまでしっかりと把握した上で治療を受けて頂く必要があります。そのため、当院ではあえてデメリットをしっかりと説明することを心がけております。

年齢、他の歯、噛み合わせまで考えてインプラントを提案させて頂きます。

せっかくインプラント治療を受けるなら、できるだけ長く使って頂きたい。また同じようなお悩みを抱えて頂きたくない。そのため当院では、年齢、他の歯の状態、噛み合わせなど、様々な要素を総合的に判断して、その患者さまにとって本当にインプラントが一番良い選択肢なのかどうかを見極めるようにしています。

アフターケアまでしっかりと行っています。

インプラントは、治療が終わればそれでおしまいというわけではありません。治療後は、しっかりとクリーニングや歯磨きを続けていかなければ、歯周病でインプラントを支えている骨が溶けてしまったり、他の歯も抜けてしまったりすることになります。せっかく入れたインプラントをできるだけ長く使うためにも、他の歯を守るためにも、治療後のメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

骨が少ない方には、ソケットリフトを実施します。

生まれつき、もしくは歯周病の進行によって上の顎の骨が薄い方には、インプラントを埋め込むことができません。当院では、そういった方には、骨補填材などを移植することでインプラントを埋め込むための十分な骨を確保する「ソケットリフト」を実施しています。他院で、骨が足りないからインプラントはできないと断られてしまった方も、ぜひ当院へご相談頂ければと思います。

inq_tel.png

一般歯科・予防歯科審美歯科インプラント日本歯内療法学会公益社団法人日本口腔インプラント学会特定非営利活動法人日本歯科保存学会一般社団法人日本歯科審美学会特定非営利活動法人日本顎咬合学会日本顕微鏡歯科学会大阪SJCD